GIS(Geographic Information System ;地理情報システム)とは、位置に関する様々な情報を持ったデータを加工/管理したり、地図の作成や高度な分析などを行うシステム技術の総称です。複数のデータを地図上で重ね合わせ、視覚的に判読しやすい状態で表示できるため、分析結果の判断や管理もしやすくなります。
 ベースとなるデータには地形をありのままに写しとった空中写真データ、植生や気象などを表す人工衛星データ、道路や河川などの台帳データ、都市計画図や土地利用図などの主題図(地図)データ、人口や農業などの統計データ、固定資産や顧客リストなどの各種データベースなど多様な種類があります。
 GISはこうした位置・空間データと、それを加工・分析・表示するためのGISソフトウェアから構成されます。GISソフトウェアで様々なデータを電子地図の上に層(レイヤ)ごとに分けて載せ、位置をキーにして多くの情報を結びつけます。これにより、相互の位置関係の把握、データ検索と表示、データ間の関連性の分析などが可能になります。


 そのため、GISは非常に幅広い用途に使われています。たとえば、道路、水道、電気、ガスなどの社会インフラを管理しているのもGISですし、土地・建物の不動産情報や施工管理、店舗の出店計画や顧客管理などのエリアマーケティング、災害時を想定した防災計画にもGISが使われています。
 左図は災害対策においてGISを利用した例です。上の1枚1枚が特定のデータを持ったレイヤで、こうした複数のレイヤを位置情報をキーとして重ね合わせていくことで、情報の関連性が一目でわかるようになります。この結果から、総合的な災害対策を考えることができるわけです。
 また、GISはインターネットでの地図情報表示や、GPS(全地球測位システム)を利用した携帯電話のナビゲーションシステムにも役立っています。

 

国土交通省国土計画局 GISのページより
 

株式会社安藤測量設計

〒318-0012 茨城県高萩市有明町1−11  
TEL 0293-23-2617 FAX 0293-23-0792 E-Mail info@ando-soku.co.jp
 Copyright(C) 2009 Ando-Sokuryou-Sekkei All Rights Reserved